不動産の仲介手数料について

売買時の不動産手数料とは?

不動産の売却を依頼する不動産会社へは、報酬として仲介手数料を支払います。金額については、宅地建物取引業法で上限が決められています

仲介手数料の上限は?

 仲介手数料の上限は、宅地建物取引業法で上限が決められており、計算方法は下のとおりです。

売買価格仲介手数料の上限
200万円以下 売買価格の5% + 消費税 
200万円を超えて400万円以下の部分 売買価格の4% + 消費税 
400万円を超える部分 売買価格の3% + 消費税 

【400万円以上の場合の速算式】

 ( 物件価格 × 3% + 6万 )+ 消費税 = 仲介手数料

例①

 350万円の物件の場合、売買価格の4%+消費税が仲介手数料となります。

 計算式 3,500,000円×0.04=140,000

     140,000×1.1=154,000円

 よって、仲介手数料の上限は154,000円となります。

例②

 3,000万円の物件の場合、400万円以上の場合の速算式で計算します。

 計算式 30,000,000円×0.03=900,000

     900,000+60,000=960,000円

     960,000円×1.1=1,056,000円

 よって、仲介手数料の上限は1,056,000円となります。

<特例>低廉な空き家等の売買に関する特例

低廉な空き家等の売買などで通常と比べて現地調査などの費用が発生する場合、上記の上限額と費用が必要になる場合があります。

通常と比べて現地調査などの費用が発生する低廉な空き家等の売買などの場合、空き家の売り主または交換をする者から受け取れる仲介手数料は、上記の上限額と現地調査などの費用を合計した額(ただし、上限は18万円+消費税)までとなります。その場合の仲介手数料については、事前に両者間で合意する必要があります。

仲介手数料で注意すべき点

・上限額を超えて手数料を提示される。

・事前に説明のない費用を請求される。

・広告費等を当然に請求される。

以上のような行為は不適切な説明である可能性が高いです。少しでも疑問に感じることがあれば、納得するまで確認をしてください。

仲介手数料に関する法規制の内容は下記よりこちらで確認できます。

タイトルとURLをコピーしました